専業主婦お金やりくり

申し込みから半日も掛からずにお金を借りることが出来て助かった

私が初めてキャッシングを利用したのは20歳の頃でした。その当時、私は飲食関係の仕事をしていたのですが、たまたま昔の友人と再会したことをきっかけに、その友人の誘いでギャンブルをするようになってしまいました。最初のうちはそれほどお金をかけずに「遊んでいる」と言う感じだったのですが、いつの間には大金をつぎ込んでしまうことも増えてきました。そんな時、私は給料日直後にそのほとんどを負けてしまうという大失態を犯し、生活費その他もろもろのお金が無くなってしまいました。そんな時にキャッシングを利用してピンチを凌ぐことが出来たわけですので、ものすごく感謝しています。
初めての申し込みの前には一晩中悩みました。別にキャッシングを利用するという選択肢以外にも家族や友人に頼み込むという選択肢もあったわけです。しかし、私はどうしてもそちらを選択することが出来なかった(交友関係が崩壊することが怖かった)のですが、キャッシングを利用するということに対してもものすごく抵抗を感じていたので本当に悩みました。しかし、結局はそれしか方法は無いと自分を納得させてキャッシングを利用しました。

 

当時のキャッシングは決して印象が良いものと言う訳ではなかったため、「もしも怖い目にあったらどうしようか」とも思いましたが、それよりも日々の食事にも困る生活をすることの方が問題だと言い聞かせて申し込みのために携帯を操作していました。当時は申し込み手続き自体はWEBで行うことも出来ましたが、実際の契約に関してなどは電話などで行われていました。「電話がかかってくる」と言うことに対してものすごく緊張しましたが、実際に電話を対応してくれた女性の印象が非常に良かったので一気にキャッシング自体の印象も変わりました。

 

実際に利用を始めてみて思った事は、「キャッシングはものすごく便利なものである」と言うことでした。それまでは怖い・危ないといった印象を持っていましたが、実際に利用してみるとそんな思いを感じるタイミングは無く(少なくとも健全に利用している間は無かった)、利用枠内であれば自由に借り入れすることが出来ることが多くのピンチを救ってくれました。
初めての借り入れは完済までに一年(その間にも何度か借り入れをしている)かかりましたが、それ以降は必要な時に必要な金額だけを借り入れするという形で長く利用しています。

 

大金を借り入れしてしまうと返済の負担は大変かもしれませんが、私の様な利用方法であれば「クレジットカードで買い物をする」こととそう変わらない感覚でキャッシングを利用していくことが出来ると思います。兎にも角にも「現金をすぐに準備できる」と言うことは大きな魅力だと思いますので、今後も計画的に利用していきたいと思います。